セミオーダーサッカー・フットサルユニフォーム
セミオーダーユニフォームデザインシミュレーター
フルオーダーサッカー・フットサルユニフォーム
お問い合わせフォーム
サンプル貸し出し
追加注文

アーセナルのサッカーとサッカーユニフォームまとめ

アーセナルのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説!

アーセナルといえば、イングランド・プレミアリーグに所属する強豪クラブで、首都ロンドンをホームタウンとしています。
通称ガナーズと呼ばれるこのチーム、いったいどんなサッカーユニフォームとサッカーなのでしょうか。

アーセナルのサッカーユニフォーム

アーセナルのHOMEユニフォーム

年代
2014年
メーカー
プーマ

2014年7月より、サプライヤーが20年続いていたナイキ社からプーマ社へ変更となりました。
ユニフォームのコンセプトは「Forever(永遠)」。伝統の赤と白を踏襲していることからこの名前がつけられました。最近のサッカーユニフォームの中では、シンプルと言えるデザインですよね。また、サイドにワンポイントで、白ラインが入っているのも特徴の一つです。

アーセナルのAWAYユニフォーム

年代
2014年
メーカー
プーマ

ユニフォームのコンセプトは「Victorious(勝利を得た)」。メインカラーが昨シーズンに続き黄色ですが、タイトル獲得を決めた試合で黄色を着用していたことが多かったため、コンセプトとリンクして採用されました。
両肩に切り返しがない所を除き、概ねホームモデルと変わらないデザインですね。

アーセナルの3rdユニフォーム

年代
2014年
メーカー
プーマ

ユニフォームのコンセプトは「Future(未来)」。クラブの理念とも言える若手育成への情熱、革新・進歩を表現しており、主にチャンピオンズリーグにて着用されています。

エンブレム・スポンサー名・ホームスタジアムサッカー

エンブレム

左胸のエンブレムには大砲があしらわれていますが、「何で大砲?」と思われる方が多いと思います。
これは、Royal Arsenal Factory(王立兵器工場)の職人達によって結成されており、その名残なのです。また、愛称で、Gunners(ガナーズ=砲撃手)と呼ばれていますが、その由来も同様です。

スポンサー名 Fly Emirates

スポンサー名は06-07シーズンから、UAEのエミレーツ航空のロゴが継続して入っています。
ACミランや、レアル・マドリッドパリ・サンジェルマンのスポンサーにもなっており、サッカーユニフォームファンにはおなじみのロゴですよね。
18-19シーズンまでスポンサー契約は続きます(2014年12月現在)し、ホームスタジアムのネーミングライツも所有しています(エミレーツスタジアム。詳細後述)。

このユニフォームとスタジアム命名権の年間契約料は、なんと約56億円!! この契約が、多くのクラブが赤字を出している中で、健全経営をしているアーセナルの屋台骨となっていますね。※

※12-13シーズンは、約12億円の黒字。同シーズン2位のマンチェスター・シティは、約96億円の赤字。

ホームスタジアム

スタジアム名は「エミレーツスタジアム」または「アーセナルスタジアム」。
1913年より使用していた、38,500人収容の「ハイベリー」に別れを告げ、2006年に開業しました。場所はハイベリーの近隣で、収容能力は1.5倍の60,300人程度。最寄り駅はArsenal駅。
ミュージアムも併設されており、ハイベリー跡地にはアパートや商業ビルの建設も進められています。
チケット代は約4,800円~。浦和レッズの大人指定席が2,500円程度なので、高めですね。

アーセナルのユニフォームトリビア

(1) メインカラーの赤は、1886年(明治19年!!) のクラブ結成時お金がなく、当時の強豪のノッティンガム・フォレスト※から贈られた赤ユニフォームがきっかけとなって定着しました。
(2) 毎試合選手は同じ袖(長袖か半袖のどちらか)で統一する伝統があり、キャプテンが試合日に決めます。
しかし、1人の選手(フランス人のフラミニ)が2回掟を破ってしまい、ヴェンゲル監督から注意を受けたようです。彼は、長袖をぶった切り半袖にしました。

アーセナルFCができるまで

クラブの創設は上述の通り、1886年にRoyal Arsenal Factory(王立兵器工場)の職人達によって結成されました。結成当初のチーム名は「ダイヤル・スクエア」。
紆余曲折があり、1913年に現在の「アーセナルF.C.」にチーム名を変更。上述の旧ホームスタジアム「ハイベリー」へ移転しました。

アーセナルの歴代監督
監督名 特徴
ハーバート・チャップマン(1925~34)

1925年に就任すると、スター選手を獲得し、初年度いきなりFAカップベスト8&リーグ戦2位フィニッシュ。翌年はFAカップ準優勝と、着実にチームを成長させます。

そして、1930年にはついにFAカップ優勝でクラブ初タイトルを獲得。翌年&33年にはリーグタイトルを獲得し、アーセナル黄金期を作りました。ちなみに、スタジアム最寄り駅名を「Arsenal駅」へ変更させた人&リーグ戦において初の背番号制を導入した人でもあります。

しかし、1934年に急遽肺炎を患ってしまい、55歳にて息を引きとりました。
チャップマン監督急逝後もチームは躍進を続け、第二次世界大戦によって中断するまでの8年間で実に5度のリーグ制覇を達成することとなります。

ジョージ・グラハム(1986~95)

元アーセナルの選手でスコットランド人。

就任1年目でリーグカップを勝ち取ると、88-89シーズンには、最終節まで優勝を争っていた宿敵リバプールを、敵地アンフィールドにてロスタイム弾(ロスタイムで2点)で下し、劇的優勝を遂げます。しかもアーセナルにとって18年ぶりのタイトルとなりました。

トニー・アダムスを中心とするバックライン「フェイマス4」を作った監督としても知られ、就任した10年間で数々のタイトルをもたらしました。
しかし、選手獲得の際にリベートを受け取ったことが明らかとなり、95年に解任。現在は解説者として活躍しています。

アルセーヌ・ヴェンゲル(1996~)

アーセナルを語る上で、この人をはずす事はできません。日本でもおなじみのヴェンゲル監督です。1949年フランス生まれの65歳(2014年12月現在)で、アーセナルの監督となってまもなく20年となります。

調べてビックリしたのですが、身長なんと194cm!!選手時代のポジションはMFでした。

モナコ時代
1987年にASモナコで監督キャリアをスタートさせ、初年度でリーグ優勝を果たします。 その後、ジョージ・ウェアとユーリ・ジョルカエフを獲得し、94年までの7年間で、フランスカップ優勝を2度獲得することとなります。

名古屋グランパス時代
1995年~1996年9月まで名古屋グランパスの監督をしていました。 ヴェンゲルが日本での知名度が高い理由ですね。

そもそもなぜこれほどの実績を築き上げた監督が、まだまだマイナーなJリーグを選んだのでしょうか。
それは、自己成長のために選択をしたということが、彼自身の言葉から語られています。

「自分自身に正面から立ち向かっていくには、欧州から遠く離れ全く違う文化に身を置くのが最良の方法と考えた。」(ヴェンゲル著『勝利のエスプリ』より。)

就任当初は10試合で8敗し、苦しんだものの、その後10試合で9勝、最終的には天皇杯を制し、クラブ初のタイトルをもたらしました。
当時のチームにはピクシーことストイコビッチが所属しており、彼はリーグMVPを受賞。ヴェンゲル自身もJリーグ最優秀監督賞を受賞しました。

このまま日本にとどまることも考えていましたが、欧州からのオファーが殺到していました。
そのオファー内容が、欧州での実績のみをベースにした内容となっており、日本での監督業に限界を感じていました。

そして、96年10月1日、アーセナルの監督に就任。アーセナルにとって初めてのイギリス国外の外国人監督が誕生することとなります。

アーセナル時代

就任当初は彼のことがほとんど知られておらず、新聞の見出しに「Arsène Who?」と書かれていたほど。

しかし彼は就任1ヶ月前から大仕事をやってのけます。当時19歳のパトリック・ヴィエラ(詳細後述)の獲得です。
その後もニコラ・アネルカ、ティエリ・アンリ、ロベール・ピレスといったフランス人選手を獲得し、数々のタイトルを獲得することとなります。(現在までタイトル8個)

中でも記憶に残るのが、03-04の無敗優勝ですね。26勝12分0敗という歴史的な成績で優勝します。
上述のアダムスは引退&アネルカは移籍していましたが、キャンベル・ヴィエラ・ピレス・アンリ・ベルカンプを中心にThe Invincible(無敵)チームを作り上げます。

しかし、04-05シーズン以降は、9シーズンでFAカップのタイトル1つのみ。
魅力的なオファーが届けばどんな選手でも放出し、また30歳以上になった選手は契約を1年しか延長しないなど、ヴェンゲルの徹底した経営優先、若手主体の考えが仇となり、真逆の道を行くチェルシーマンチェスター・シティに差をつけられてしまいました。

14-15シーズンこそはと補強にお金をかけ※1、念願のリーグタイトルを期待されましたが、早々に優勝争いから離脱。2014年12月26日現在で、首位チェルシーと勝ち点15差をつけられています。
これは補強が攻撃的な選手に集中してしたこと、負傷者が続出※2 したこと、6ポインターゲーム※3で勝てないことの3つが主な原因で、ついにヴェンゲル解任論が出てきてしまっています。

個人的に痛恨だと思ったのが、元教え子セスク・ファブレガスを獲得しなかったことです。
彼はFCバルセロナからライバルチェルシーに移籍し、リーグ前半戦MVPの筆頭候補となっています。たらればの話ですが、彼がチームにいれば勝ち点差は3程度だったと考えます。

今後は、財源が十分にあるようなので、さらなる補強をしながら、ヴィエラ&アンリのような次代のスターを発掘する。
これからがヴェンゲル監督の正念場となりそうですね。

ヴェンゲルのサッカー

ヴェンゲルのサッカーは、一言で言うと「スペクタクル」。
バイタルエリアでのショートパス・ダイレクトプレーでスピーディーに崩し、能動的なサッカーをすることが特徴。とにかく観ていて楽しいです。

真逆のサッカー(勝利のみを追求したカウンター主体のサッカー。) をするチェルシーのモウリーニョ監督とは犬猿の仲であり、メディアを通して終始舌戦。2014年10月の直接対決ではつかみ合いの喧嘩をしています。

スペクタクルさを追求するため、ボールスキルがある選手を重視します。
屈強な選手をあまり好まない傾向があり、そのため近代サッカーでの重要な要素であるセットプレーに弱く、多くの失点を喫しています。

攻撃時は逆にパスを回しすぎてしまう場面も散見され、リードを奪われた試合の終盤に、パスを回すがミス→ボールを奪われる→カウンターで裏を狙われGKと1対1→失点という負のスパイラルに陥る試合もありました。

明確な哲学&人心掌握術を持っている希少な監督だということは間違いないので、チームが苦しいときに何とかしてくれる個が必要だと思います。
(CBにマンCのコンパニがいればなーなんて思いますが、それは夢ですね・・・)

アーセナルの有名選手
選手名 特徴
トニー・アダムス(1966~)(アーセナル在籍:1983~2002)(元イングランド代表)

ポジションはCB 。1983年に入団し、2002年に引退するまでアーセナル一筋。89年にチーム史上最年少でキャプテンに就任し、「ミスター・アーセナル」とも呼ばれていた闘将。相棒のキーオンらと、「フェイマス4」と言われる強固な守備ブロックを築き、90年代の黄金期を支えました。

部類の酒好きとしても有名で、飲酒運転等数々のトラブルを起こし、アルコール依存症であったことが自伝にて語られています。

パトリック・ヴィエラ(1976~)(アーセナル在籍:1996~2005)(元フランス代表)

ポジションはセントラルMF。上述の無敗優勝時のメンバーの1人です。

1993年にデビューし、1996年にはACミランに所属するが、出場機会を得ることができず才能を持て余していました。

そこでヴェンゲルの目にとまり、アーセナルへ移籍。ヴェンゲルに、ヴィエラを獲得しなければアーセナルの監督にはならないとまで言わせました。
この移籍が転機となり、後に世界最高の守備的MFと評されるまで成長することとなります。
(レアルマドリーから100億円以上のオファーを受けていたとの噂もあります。)

アーセナル退団後は、セリエAで活躍(ユベントスインテル・ミラノ)。2011年に現役を引退し、現在はキャリア最終年に所属したマンチェスター・シティのアカデミーコーチに就任しています。

ティエリ・アンリ(1977~)(アーセナル在籍:1999~2007)(元フランス代表)

ポジションはCF。無敗優勝時のメンバーの1人です。言わずと知れたアーセナルのレジェンド。
1999年に所属していたユベントスではウイングとして起用され、燻っていた所をヴェンゲルに見いだされます。

アーセナルへ移籍後、キャリアの重要な転機となるCFへコンバート。眠っていた才能が爆発します。
通算254試合の出場で174得点。3年連続で得点王を受賞しました。

07-08シーズンにFCバルセロナへ移籍、当時のロナウジーニョ&エトー&メッシと形成する4人のアタッカーは「ファンタスティック4」と呼ばれましたが、やや期待外れのプレーに終始します。

2012年、34歳の時に1ヶ月半のみアーセナルへ復帰。出場は4試合のみでしたが、最後の試合で後半ロスタイムにボレーで得点。その試合をTVで観ていたのですが、ヤンキースのジーターのような圧倒的存在感を感じました。

その後アメリカでプレーした後、2014年12月16日に現役を引退、今後はイギリスの『スカイ・スポーツ』にて解説者を務めることとなります。

1. ベースとなるデザインを選ぶ

2. ご連絡先を教えてください。

お名前※必須
E-mail※必須

携帯電話のアドレスを記入される場合は、必ずmail@v-eleven.jpが指定受信設定されていることを確認してください。
電話番号※必須
ご連絡可能時間帯
デザイン※必須

ファイル名は半角英数で設定ください。(最大5MB)

[注意]

レプリカユニフォームではありません。画像のデザインをベースにオーダーメイドで製作します。
商標権上、adidas、NIKE、PUMAなどのメーカーロゴ、クラブエンブレムやスポンサーロゴはつけることができません。


確認画面へ進みます。

その他のおすすめ記事

  • Webマガジン

    ジャイアントキリングを起こす!サッカーチームの団結力を高めるには?

    サッカーチームの団結力を高めて、ジャイアントキリングを起こそう! サッカーはチームスポーツです。そのため…

    サッカーチームの団結力を高めて、ジャイアントキリングを起こそう! サッカーはチームスポーツです。そのため、個々のスキルに加えてチームワークというものが重要なポイントになってきます。 野球やバスケットボール、バレーボールなどと比べて競技中の人数が多く、よりチー…

  • Webマガジン

    サッカー後のおすすめストレッチメニュー

    サッカー後のおすすめストレッチ あなたは、サッカーなど運動をした後にストレッチはしていますか? 運…

    サッカー後のおすすめストレッチ あなたは、サッカーなど運動をした後にストレッチはしていますか? 運動後というのは、体に疲労が蓄積しています。運動直後はアドレナリンなどの影響で疲れを感じないことがありますが、体には確実に疲労がたまっています。 そんな時に…

  • Webマガジン

    ナイターOKな都内サッカーグラウンド5選

    ナイターができる都内サッカーグラウンド5選 都内サッカーグラウンドは、実はとても多く、100件以上ありま…

    ナイターができる都内サッカーグラウンド5選 都内サッカーグラウンドは、実はとても多く、100件以上あります。しかし、その中でもナイター利用ができるところは数が限られます。 社会人の人は日中にサッカーすることは不可能ですし、夏場の場合も昼にサッカーをするのはベスト…

  • Webマガジン

    東京都内サッカーグラウンドの選び方とは?もうこれで失敗しない!

    都内サッカーグラウンド選びで失敗しないためのポイント8点 今回は、東京都内でのサッカーグラウンドをレンタ…

    都内サッカーグラウンド選びで失敗しないためのポイント8点 今回は、東京都内でのサッカーグラウンドをレンタルするポイント、選び方について詳しく書いていきたいと思います。 ここ最近、日本ではサッカーブームが起こっており、趣味としてサッカーを楽しんでいる方も多いのでは…

  • Webマガジン

    徹底調査!プロクラブで人気のエリと今後の傾向

    徹底調査!プロクラブで人気のエリと今後の傾向 エリはユニフォームの顔。印象を大きく左右します。 こ…

    徹底調査!プロクラブで人気のエリと今後の傾向 エリはユニフォームの顔。印象を大きく左右します。 こんにちは。ユニフォームショップV-ELEVENです。 普段何気なく着用している服の「エリ」ですが、エリのデザインは着ている人の印象を大きく左右すると言…

  • 世界のサッカーユニフォームをオーダーメイド

    CAバンフィエルド

    CAバンフィエルドのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! CAバンフィエルドといえば、アルゼンチ…

    CAバンフィエルドのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! CAバンフィエルドといえば、アルゼンチンの北東部、首都ブエノスアイレスにあるバンフィエルドを本拠地とするスポーツクラブです。 イギリス系移民によって設立され、サッカー以外にも様々な…

チームメイトと相談したり、メモ代わりに活用しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

全ての特集コンテンツ記事検索

こちらから情報を検索することができます

世界のサッカーユニフォームまとめのおすすめ記事

  • ボカ・ジュニアーズ

    ボカ・ジュニアーズのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! ボカ・ジュニアーズといえば、アルゼンチ…

    ボカ・ジュニアーズのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! ボカ・ジュニアーズといえば、アルゼンチンのラ・ボカ地区を本拠地とするビッグクラブです。国際大会でのタイトル獲得数も多く、商業的にも成功しているクラブで、日本でも「ペーニャス」と呼ばれるファンクラブが…

  • CAリーベル・プレート

    CAリーベル・プレートのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! リーベル・プレートといえば、同じア…

    CAリーベル・プレートのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! リーベル・プレートといえば、同じアルゼンチンのボカ・ジュニアーズとライバル関係にある強豪チームです。 しかし近年は国内リーグの2部落ちも経験し、南米クラブの頂点を決めるコパ・リ…

  • ユベントス

    ユベントスのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! 世界的なビッグクラブとして有名なユベントス。2…

    ユベントスのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! 世界的なビッグクラブとして有名なユベントス。2014-15シーズンはセリエA4連覇、コッパ・イタリア優勝、チャンピオンズリーグ準優勝の成績を収めました。 2015-16シーズンからはユニフ…

  • ドイツ代表

    ドイツ代表のサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! ドイツといえば、ベッケンバウアーをはじめ数々の…

    ドイツ代表のサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! ドイツといえば、ベッケンバウアーをはじめ数々の名選手を輩出してきたサッカー強豪国です。サッカーでは男女ともに強豪で、男子は先に行われた2014年FIFAワールドカップブラジル大会を制しました。どんなユニフォ…

  • アルゼンチン代表

    アルゼンチン代表のサッカーとサッカーユニフォームを徹底解説! アルゼンチンサッカーのイメージといえば、…

    アルゼンチン代表のサッカーとサッカーユニフォームを徹底解説! アルゼンチンサッカーのイメージといえば、体躯を活かしたディフェンスから豪華なアタッカー陣が華麗にゴールを奪うイメージがあります。 ユニフォームも伝統的な青白ストライプが目に浮かびますよね。 …

  • 日本代表

    日本代表のサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! 我らが日本代表といえば、ショートパスを主体とした…

    日本代表のサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! 我らが日本代表といえば、ショートパスを主体とした組織の連動性で攻撃サッカーを展開するチームです。 サムライブルーと称される青いユニフォームも印象的ですね。 日本代表のサッカーユニフォ…