セミオーダーサッカー・フットサルユニフォーム
セミオーダーユニフォームデザインシミュレーター
フルオーダーサッカー・フットサルユニフォーム
お問い合わせフォーム
サンプル貸し出し
追加注文

ドイツ代表のサッカーユニフォームをオーダーメイド

ドイツのクラブチームのサッカーとサッカーユニフォームまとめ

ドイツ代表のサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説!

ドイツといえば、ベッケンバウアーをはじめ数々の名選手を輩出してきたサッカー強豪国です。サッカーでは男女ともに強豪で、男子は先に行われた2014年FIFAワールドカップブラジル大会を制しました。どんなユニフォームで、どんな歴史があるのか、紐解いてみましょう。

ドイツ代表のサッカーユニフォーム

ドイツ代表のHOMEユニフォーム

年代
2013年
メーカー
アディダス

ドイツ代表のホームサッカーユニフォームといえば、伝統的に白をベースとしたシンプルなデザインのシャツに黒いパンツをコーディネートすることが多かったのですが、今回は白をベースにしたシャツを白いパンツをコーディネートするという、全身白の配色が印象的です。
これは、現在各国代表ユニフォームでブームとなっている「ベースとなるカラーを全身一色に統一する」という流れに乗っているとのことです。

伝統の白を踏襲しつつも、胸部に配置された赤のグラデーションで描かれたV字が特徴的ですね。これは勝利(Victory)のVとドイツ国旗をアレンジしたものと言われ、2014年ブラジルワールドカップへの意気込みが感じられます。そして実際に優勝を成し遂げました。

ドイツの国旗といえば「黒・赤・黄」の横縞ですが、代表ユニフォームのベースカラーは白。これは、ドイツという国になる前のプロイセン王国の国旗が白と黒だったことに由来します。実は我らが日本代表もそうなのですが、ユニフォームに現在の国旗の色を使わない国はかなり珍しいようですね。

ドイツ代表のAWAYユニフォーム

年代
2013年
メーカー
アディダス

ホームでは伝統的に白を使ってきたドイツ代表ですが、一方アウェイのサッカーユニフォームはこれまでに様々なカラーを使っており、遊びやチャレンジといったものが見られます。今回は赤と黒という重厚感溢れるカラーリングが特徴で、体格に優れたドイツ代表の選手達をうまく引き立てていますね。また、2000年代に入ってからは赤と黒をメインとして使うことが多くなっており、方針が固まってきたのかもしれません。

かなり太い幅のボーダーが特徴的です。赤と黒という重厚なカラーと合わさり、非常に力強い印象を受けます。首元のボタン処理や立ちエリがモダンで、サッカーだけでなく日常生活でも問題なく着用できそうな素敵なデザインですね。

ドイツ代表のサッカー

ドイツ代表の特徴とプレースタイル

2014年ブラジルワールドカップ優勝国であるドイツ代表は体格に優れた選手が多く、当たりや球際に非常に強いことが特徴です。また、国内での地道な育成が功を奏し、近年ではテクニックに優れた選手達を多く輩出。緻密な分析からくる戦術とクラブチームを思わせる正確でスピーディーなパス、そこに個々の力や連携が融合し、ここ数年では圧倒的な強さを見せています。

世界最高峰の強さを誇る国だけあって、もちろんタレントも豊富です。「マリオ・ゲッツェ」「トーマス・ミュラー」「マルコ・ロイス」「トニ・クロース」「メスト・エジル」「マヌエル・ノイアー」といったスターがいますが、ドイツ代表は彼らだけに頼ることはなく、誰が出ても組織としてチームが機能するユーティリティの高さも強みです。

ドイツ代表の歴代タイトル

FIFAワールドカップ:優勝4回、準優勝4回、3位4回
UEFA欧州選手権:優勝3回、準優勝3回

ドイツ代表の歴代監督
監督名 解説
ヨアヒム・レーヴ 監督(2006年~)

前任のユルゲン・クリンスマン監督の下でヘッドコーチとして経験を積み、2006年からクリンスマン監督の辞任に伴い、代表監督に就任しました。

具体的なデータに基づいた緻密な分析と戦術立案、それを選手に浸透させる指導力を持ち、クリンスマン監督の時代から含めると10年にも及ぶ指導の結果、ゲーゲン(電撃)プレッシングと呼ばれる超高速プレスによる、圧倒的な攻撃力・防御力を実現しました。

ユルゲン・クリンスマン 監督(2004-06年)

現役時代は西ドイツ代表のFWとしてワールドカップを制覇し、長年代表の主将を務めた伝説的な選手でした。

引退後、コーチライセンスを取得するとドイツ代表監督に就任。監督経験の少なさと米国在住なこと、若手を優遇する方針により避難を浴びましたが、それをはねのけるように、ドイツ代表をワールドカップ3位の好成績に導きました。

ドイツ代表の有名選手
選手名 特徴

マリオ・ゲッツェ(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ-ブンデスリーガ)

ドイツサッカー連盟のスポーツディレクターから「これまで見てきた選手の中で最高の逸材」と評される、期待の若手ミッドフィルダーです。

小柄で圧倒的なパワーやスピードを持つわけではないですが、高度なドリブル技術とフェイント技術、トリッキーなプレーを可能にするアイデアに優れており、ディフェンダーを恐怖に陥れます。

トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ-ブンデスリーガ)

ドイツの伝説的フォワード、ゲルト・ミュラーの再来と言われる若きフォワードです。

恵まれた体格と圧倒的なスピード、豊富なスタミナ、高い技術を持ち、フォワードだけでなく攻撃的ポジションならどれでもこなすことができるユーティリティ性まで備えた完成度の高い選手です。

マルコ・ロイス(ボルシア・ドルトムント/ドイツ-ブンデスリーガ)

両足から繰り出す正確かつ強力なシュートが武器のミッドフィルダーです。

ドリブル技術やスピード、視野の広さ、さらには献身的な守備までこなす、チームにとって欠かせない選手です。また、日本代表の香川真司選手と仲が良いことで、日本では知られています。

トニ・クロース(レアル・マドリード/スペイン-リーガエスパニョーラ)

レアル・マドリードの司令塔であるシャビ・アロンソの後継者として期待されているミッドフィルダーです。

戦術理解度と視野の広さ、パスセンスに優れ、チームの攻撃を組み立てるのになくてはならない役割を担っています。

メスト・エジル(アーセナル/イングランド-プレミアリーグ)

戦術理解力、視野、走力、高い足元の技術、長短自在で正確なパスを持つ、「フットボールのモーツァルト」や「オズの魔法使い」とも称される完成度の高いミッドフィルダー・司令塔です。

レアル・マドリードに所属していた頃は、世界最高の選手の一人であるC・ロナウドに質の高いボールを幾度となく供給し、無数のゴールを演出しました。

フィリップ・ラーム(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ-ブンデスリーガ)

小柄ながら世界最高のサイドバックと呼ばれる、両サイドの守備を得意とするディフェンダー。

ディフェンダーでありながらパスセンスと試合構築能力に優れ、最近ではアンカーやボランチなどのポジションでも才能を発揮しています。

マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ-ブンデスリーガ)

世界最高のゴールキーパーと呼ばれる逸材です。

規格外の長身、驚異的な反射神経、戦況の把握やフィールドプレイヤーと遜色ない足元の技術など、「世界最高」にふさわしい能力を持ち、2014年のワールドカップでは最優秀ゴールキーパーに選ばれました。また、日本代表の内田篤人選手と仲が良いことで知られています。

1. ベースとなるデザインを選ぶ

2. ご連絡先を教えてください。

お名前※必須
E-mail※必須

携帯電話のアドレスを記入される場合は、必ずmail@v-eleven.jpが指定受信設定されていることを確認してください。
電話番号※必須
ご連絡可能時間帯
デザイン※必須

ファイル名は半角英数で設定ください。(最大5MB)

[注意]

レプリカユニフォームではありません。画像のデザインをベースにオーダーメイドで製作します。
商標権上、adidas、NIKE、PUMAなどのメーカーロゴ、クラブエンブレムやスポンサーロゴはつけることができません。


確認画面へ進みます。

ドイツのクラブチームのサッカーとサッカーユニフォームまとめ

その他のおすすめ記事

  • Webマガジン

    ジャイアントキリングを起こす!サッカーチームの団結力を高めるには?

    サッカーチームの団結力を高めて、ジャイアントキリングを起こそう! サッカーはチームスポーツです。そのため…

    サッカーチームの団結力を高めて、ジャイアントキリングを起こそう! サッカーはチームスポーツです。そのため、個々のスキルに加えてチームワークというものが重要なポイントになってきます。 野球やバスケットボール、バレーボールなどと比べて競技中の人数が多く、よりチー…

  • Webマガジン

    サッカー後のおすすめストレッチメニュー

    サッカー後のおすすめストレッチ あなたは、サッカーなど運動をした後にストレッチはしていますか? 運…

    サッカー後のおすすめストレッチ あなたは、サッカーなど運動をした後にストレッチはしていますか? 運動後というのは、体に疲労が蓄積しています。運動直後はアドレナリンなどの影響で疲れを感じないことがありますが、体には確実に疲労がたまっています。 そんな時に…

  • Webマガジン

    ナイターOKな都内サッカーグラウンド5選

    ナイターができる都内サッカーグラウンド5選 都内サッカーグラウンドは、実はとても多く、100件以上ありま…

    ナイターができる都内サッカーグラウンド5選 都内サッカーグラウンドは、実はとても多く、100件以上あります。しかし、その中でもナイター利用ができるところは数が限られます。 社会人の人は日中にサッカーすることは不可能ですし、夏場の場合も昼にサッカーをするのはベスト…

  • Webマガジン

    東京都内サッカーグラウンドの選び方とは?もうこれで失敗しない!

    都内サッカーグラウンド選びで失敗しないためのポイント8点 今回は、東京都内でのサッカーグラウンドをレンタ…

    都内サッカーグラウンド選びで失敗しないためのポイント8点 今回は、東京都内でのサッカーグラウンドをレンタルするポイント、選び方について詳しく書いていきたいと思います。 ここ最近、日本ではサッカーブームが起こっており、趣味としてサッカーを楽しんでいる方も多いのでは…

  • Webマガジン

    徹底調査!プロクラブで人気のエリと今後の傾向

    徹底調査!プロクラブで人気のエリと今後の傾向 エリはユニフォームの顔。印象を大きく左右します。 こ…

    徹底調査!プロクラブで人気のエリと今後の傾向 エリはユニフォームの顔。印象を大きく左右します。 こんにちは。ユニフォームショップV-ELEVENです。 普段何気なく着用している服の「エリ」ですが、エリのデザインは着ている人の印象を大きく左右すると言…

  • 世界のサッカーユニフォームをオーダーメイド

    CAバンフィエルド

    CAバンフィエルドのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! CAバンフィエルドといえば、アルゼンチ…

    CAバンフィエルドのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! CAバンフィエルドといえば、アルゼンチンの北東部、首都ブエノスアイレスにあるバンフィエルドを本拠地とするスポーツクラブです。 イギリス系移民によって設立され、サッカー以外にも様々な…

チームメイトと相談したり、メモ代わりに活用しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

全ての特集コンテンツ記事検索

こちらから情報を検索することができます

世界のサッカーユニフォームまとめのおすすめ記事

  • ボカ・ジュニアーズ

    ボカ・ジュニアーズのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! ボカ・ジュニアーズといえば、アルゼンチ…

    ボカ・ジュニアーズのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! ボカ・ジュニアーズといえば、アルゼンチンのラ・ボカ地区を本拠地とするビッグクラブです。国際大会でのタイトル獲得数も多く、商業的にも成功しているクラブで、日本でも「ペーニャス」と呼ばれるファンクラブが…

  • CAリーベル・プレート

    CAリーベル・プレートのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! リーベル・プレートといえば、同じア…

    CAリーベル・プレートのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! リーベル・プレートといえば、同じアルゼンチンのボカ・ジュニアーズとライバル関係にある強豪チームです。 しかし近年は国内リーグの2部落ちも経験し、南米クラブの頂点を決めるコパ・リ…

  • ユベントス

    ユベントスのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! 世界的なビッグクラブとして有名なユベントス。2…

    ユベントスのサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! 世界的なビッグクラブとして有名なユベントス。2014-15シーズンはセリエA4連覇、コッパ・イタリア優勝、チャンピオンズリーグ準優勝の成績を収めました。 2015-16シーズンからはユニフ…

  • ドイツ代表

    ドイツ代表のサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! ドイツといえば、ベッケンバウアーをはじめ数々の…

    ドイツ代表のサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! ドイツといえば、ベッケンバウアーをはじめ数々の名選手を輩出してきたサッカー強豪国です。サッカーでは男女ともに強豪で、男子は先に行われた2014年FIFAワールドカップブラジル大会を制しました。どんなユニフォ…

  • アルゼンチン代表

    アルゼンチン代表のサッカーとサッカーユニフォームを徹底解説! アルゼンチンサッカーのイメージといえば、…

    アルゼンチン代表のサッカーとサッカーユニフォームを徹底解説! アルゼンチンサッカーのイメージといえば、体躯を活かしたディフェンスから豪華なアタッカー陣が華麗にゴールを奪うイメージがあります。 ユニフォームも伝統的な青白ストライプが目に浮かびますよね。 …

  • 日本代表

    日本代表のサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! 我らが日本代表といえば、ショートパスを主体とした…

    日本代表のサッカーユニフォームとサッカーを徹底解説! 我らが日本代表といえば、ショートパスを主体とした組織の連動性で攻撃サッカーを展開するチームです。 サムライブルーと称される青いユニフォームも印象的ですね。 日本代表のサッカーユニフォ…